ボドウェル高校よくある質問

ボドウェル高校:よくある質問

Q) 日本の大学の帰国子女枠について教えてください。
A) ボドウェル高校では、大学への進学率はほぼ100%。日本人の生徒さんは、日本とカナダの大学の両方に出願が可能で、大学の選択肢があるのもボドウェル高校の魅力でしょう。カナダ高校留学/バンクーバー高校留学はこのところ、非常に人気が高まってきました。
ボドウェルから最近合格した大学では、東京外国語大学慶應義塾大学上智大学法政大学明治大学早稲田大学学習院大学国際基督教大学立教大学明治学院大学立命館アジア太平洋大学関西大学関西学院大学同志社大学テンプル大学山口大学名古屋大学北海道大学青山学院大学日本体育大学鹿屋体育大学(国立)など。
ボドウェルハイスクールでは、カウンセラーが資料をまとめたり、大手予備校を招いて、一般的な傾向と対策を紹介してもらい、いつも新しいニュースやインフォメーションを取り入れています。
ボドウェル高校の生徒は全員、卒業の時期が異なるので、それぞれの生徒さんに合わせて、帰国時期や単位取得、州のテスト対策などアドバイスをしてもらいます。このようなカウンセリングは他ではあまり見られません。ボドウェルでは1対1の会話を大事にしていますので、カウンセラーやスタッフとの信頼関係により、励まされて成績もアップしていくのだと思います。
Q) 滞在方法は寮のみですか?
A) いいえ、ホームステイでの滞在もありますが、最初は寮生活になります。その後、成績や生活態度などの評価より、一定期間後にホームステイの滞在が認められます。このホームステイは代理店ではなく、ボドウェル紹介のホームステイ滞在と決まっています。夏のみ自由です。
Q) 地元のカナダ人と学べる公立に憧れますが・・・
A) ボドウェル高校にカナダ人は通学していますが、大多数は留学生です。公立高校に通うと確かにネイティブの英語に接する機会は多いのですが、日本人の入学はたいてい中学卒業後ですので、グレード10になりますね。英語力のない方には、最初は大変な思いをされると思います。公立の高校か、ボドウェル高校かを選択されるのはまずご自分の英語レベルを認識して、どのように努力していくかだと思います。それ次第では公立でもどこでもやっていかれるでしょう。ただ、英語力がないと判断されますと、特に公立ではイングリッシュ12を取らせてもらえず、コミュニケーション12になり、大学進学が変わってきます。あと、地元の大学進学や帰国子女枠の場合、成績だけではなく、いかに地元に溶け込んでボランティアをしたか、賞をもらったか・・・ということも考慮されますので、そういう点、ボドウェル高校では皆さんにチャンスがあるように、先生スタッフが細かく指導してくれますので、大変良いのではないかと思います。
Q) ボドウェル高校で学ぶには就学ビザがいりますか?
A) はい、必要です。 2019年よりバイオメトリックスというシステムも導入されました。カナダの就学ビザは資格のあるビザコンサルタントや弁護士という専門家ではないと申請してはいけないことになっていますので、信頼出来る専門家をご紹介しますので、ご安心ください。
Q) ボドウェル高校入学の時期
A) 2学期制に変わり、入学時期が以前よりも多くなりました。(ボドウェル高校の教育システムのページをご参照ください。)中学1年修了して入りますとグレード8、日本の中学卒業後ですと、グレード10です。英語力があれば高校1年生修了時点でも良いですし、卒業目的でなければグレード11からでも入れます。
Q) 高校1年生修了からのボドウェル留学について
A) 出来る限り英語力をつけた状態でいらしてください。日本の高校での単位は認められるものとそうでないものがあります。2017年8月時点では、成績次第では下記の教科の単位移行出来ました。数学・社会(世界史と地理が入っていた場合)・理科(科学と物理が入っていた場合)・体育・音楽・美術  変更もありますので確認が必要です。単位移行に関しては、注意点があります。理科などはグレード10の内容を日本語で勉強して、グレード11から英語で習うと、なかなか成績が上がらない場合もあり、個人的には社会はこちらでグレード10からスタートした方がいいと思います。カナダの歴史、地理、経済、政治が入ってきますので。
 
 

ボドウェル高校スタッフの上原恵さんにお話をうかがいました。

ボドウェルのスタッフの上原さん

原さん「ボドウェル高校では、日本人の生徒さん向けに帰国子女枠を狙う対策を取っています。カナダに来て親元を離れるので、遊んでしまったら、日本でも海外でも希望の大学入学は無理です。が、カウンセラーがいて、きちんとしたカリキュラムで、本人のやる気さえあれば決して夢ではありません。日本人の方はだいたい2~3年で卒業しています。

いつの帰国子女枠のテストを受けられるかというご質問がきましたが、英語のクラス=レベルがどこからスタートかによりますので、ボドウェル高校入学後でないとわかりませんし、英語力や成績など生徒により異なりますので、一概には言えないのです。 帰国子女枠の条件を出している大学受験をすることができ、英語も上達し、さらに成績次第で現地の大学にも入学できますので、チャンスはダブルです。とてもよいお子様への投資だとは思いませんか?でも、何よりもご本人の意欲と目的意識が大事であることは、言うまでもありません。

もし、カナダが初めて、あるいは高校入学前にボドウェル高校を知りたい、あるいはボドウェルハイスクール主催のプログラムを体験したい、ということでしたら、ぜひ、早めにいらして、夏の大学寮滞在型ボドウェルサマープログラム(Bodwell's University Summer Programs)やバンクーバー高校留学体験型のボドウェルアカデミックプログラムBodwell Academic Preparation Program)に参加してください。そして9月または翌年からボドウェル高校にどうぞ入学してください。お待ちしております!」